スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--

ラグタイム

Category: 日記  

がん蔵さんは、今朝からそわそわ待ってたわ。

来た来た。
待っていたのは、楽譜『優雅な幽霊のラグ』。
英語のタイトルは、Graceful ghost RAG.
作曲者は、William Bolcom さんって方ですね。

GracefuGhost

(紙がツルツルで、蛍光灯の光が反射してます。)

さて、ラグって…?
(がん蔵さんの説明じゃ意味わからないでしょ。面倒だから、貼り付けたとも言えるわね)

うぅ~ん。音楽のジャンルのひとつでJAZZ寄りね。
読んだところで、こう弾けばいいのねと閃くほど察しは良くないの。
弾いてみなきゃわからないわ。

おっと、注釈。

ドラッグ

社会問題提議?!
はたまた酒飲むなてか。
そうそう、健康第一よ。

と思うのはがん蔵さんくらいなものよ。恥ずかしいわ。

おかしいなとは思ったのよ。
それでも、酔っ払いの演奏にならないようにね、っていう注意とも言えなくない…でしょ?!

いつまでも引っ張るな。諦めが悪い。


drag…ひきずる
ですって。
引きずらないように弾きなさいってことかしら…o( ̄ー ̄;)ゞううむ

これも、弾いてみなきゃわからないわ。

関連記事

テーマ : ピアノ    ジャンル : 音楽
 2014_01_25

Comments

 

素敵な曲ね・・・・・・・・・・・・。
楽譜が素敵じゃないけど(爆)
フラット5つのragtime・・・。
譜読みが大変そうだわ。

don't drag・・。
いかにもアメリカ的ね。

♪=ca 120 なだけに、のんびり弾くなとか歯切れよく弾けとかそう言う意味じゃないかしら?
退屈させるなってスラングもあってよ?

LLganzoさまのラグ、楽しみにしているわ。
がんばってね♡


tukushi  URL   2014-01-25 13:42  

Paul Jacobs 

がん蔵さま

ご無沙汰しております。ボルコム・・・思わずコメントを書き込んでしまいました。この曲、大好きなんです。この曲の決定版ともいうべき演奏が、個人的にはポール・ジェイコブスの演奏と感じています。

アメリカのピアニストですが、彼は1980年代にエイズで亡くなってしまって、いわゆる「CD世代」の人には馴染みがないのかもしれません。CD化も長い間されなかったですし・・・

ロマン派の作品よりは現代作品を得意としていた人です。

kaz

<iframe width="420" height="315" src="//www.youtube.com/embed/-jftAt4mXFk" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
kaz  URL   2014-01-25 13:59  

tukushi様♪ 

 ♪=ca 120 なだけに、のんびり弾くなとか歯切れよく弾けとかそう言う意味じゃないかしら?
退屈させるなってスラングもあってよ?

まぁ、教えてくださってありがとう。
tukushi様なら教えて下さると思っていたわ。
歯切れよく弾くことを意識してみるわ♪

ま、弾いてみないことには。
譜読みできるかが問題なのよ~~!!
考えてみたら、この調弾いたことないわ。
途中から、♭6個になるし^^;
LLganzo  URL   2014-01-25 21:41  

Kaz様♪ 

コメント有難うございます。
ご無沙汰いたしました。
今年もよろしくお願いします。

Paul Jacobsさん初めて知りました。
1983年にその病気で亡くなられたとは、当時あまり知られていない病気でしたよね。

youtubeあるんですねぇ~。
なんとも、色彩豊かな演奏。何度も繰り返して聴いてしまいました。
とても心地よい演奏ですね。

古びたお屋敷で今はもう誰も住んでいません。
窓は閉めきられた、薄暗い部屋の中。
古いピアノの前に腰かけて、何を弾くでもなく遠くを見つめています。
昔の事でも思い出しているのでしょうか。
それは物憂げな幽霊、あれっ?私かもしれない。
不思議な世界に誘われました。

Kaz様、教えて頂いて有難うございました♪

LLganzo  URL   2014-01-25 22:19  

 

素敵な曲ですね〜〜〜〜
お酒ならOKってことで、がん蔵様にぴったり( ゚ω^ )b
kassii3  URL   2014-01-26 13:36  

 

こんばんわ、Ganzo姉さま。
バッハからラグタイムまで、守備範囲が広いのには感心させられます。

ラグタイムというと、黒人が酒場で陽気に、調律の狂ったピアノを弾いていて、
階上を見上げると、胸がポロリと出そうな女達が、並んで煙草吸っているような
そんな風景を思い浮かべてしまいますが、
入りがクラシックぽい感じかなと‥‥(You Tubeです)

でも左手のリズムがラグタイムなので、やっぱりラグですね。
ずいぶんゴージャスな響きのラグタイムも、あるのだなと感心しました。

あっ、それで Gracefulか!
AKI  URL   2014-01-26 21:44  

Kassii殿♪ 

素敵な曲なんですよ~♪
弾けたら、もっと素敵♡
飲みながら弾けたら大満足!!

『酔っても弾ける曲』のレパートリーとなるよう、鍛練いたしますわ♪
LLganzo  URL   2014-01-27 09:49  

AKI様♪ 

クラシックからポピュラー路線を開拓していく、音楽の歴史を感じますね~♪
今後、JAZZ方面へ向かうとなれば、
ラグは、是非とも通っておきたい道でございます。

この曲はピアノだけですけど、ゴージャスですよね。
楽器というものは、奥が深いです。
もちろん、弾き手にもよるところ大ですけど。
人の心を弾きつける魅力のある演奏が出来たら幸せでしょうね。

今年は、新しいことにチャレンジしてみるつもりでございます。
今後とも、AKI様、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします♪♪
LLganzo  URL   2014-01-27 14:10  

 

ピアノでラグタイム、ってどんなんだろう。。。って思いました。


ここからはギタリストの解釈。

というのも、アコギの世界ではラグタイムってスタイルは結構有名で、
跳ねたようなメロディがちょっとコミカルな感じをさせる奏法で、
伴奏とメロディと一緒に弾いちゃうみたいな。

チェットアトキンス
http://www.youtube.com/watch?v=n-c66SJPuUI

スティーブハウ
http://www.youtube.com/watch?v=1KN2qvtosmM

この跳ねる感じがラグタイムと思っています。


で、この曲も序盤の優雅さが光りますが、途中でちゃんと軽快さを
基本とした部分があったりして。だからひきずるような奏法は厳禁、
ってことかな、と私は解釈しました。

「知ってるわよ!」って怒られそうですが(笑)
keiz  URL   2014-02-03 00:20  

Keiz様♪ 

> 「知ってるわよ!」って怒られそうですが(笑)
おこりゃしませんてっ!!
だって、わからない事だらけですもの^^;

ピアノでいうと、「The Entertainer」とか、「メープルリーフラグ」
が有名なラグですが、
チャップリンが出てきそうなコミカルさがありますよね。

Youtubeありがとうございます。
チェットアトキンスは、ブルース寄り。
ステーブハウはカントリー寄りって感じ。
アメリカンですね~♪

伴奏の中にメロディーが溶け込んでるというか、
ジャンジャン弾いてる中で、ちゃんとメロディーが聴こえてきます。
すごいテクニックですね。
これは、ピアノでいうところの3声、4声に通ずるモノがあります。
難しいのだ^^;

すこ~しずつわかってきましたよ!!
ずるずる弾かないって、出来るかな…。
LLganzo  URL   2014-02-03 11:18  

 管理者にだけ表示を許可する

05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

LLganzo

Author:LLganzo
気づけば アラフィフ
家族:犬2人と私
趣味:ピアノ
座右の銘:急がば回れ

参加中です。

↓よろしければぽちっと。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
イラスト/けんば~んさん
キロック友の会

LLganzo

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム


B
A
C
K

T
O

T
O
P

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。